学歴

  • 1995年3月 大阪市立都島工業高等学校 機械科 卒業
  • 1995年4月 京都工芸繊維大学 工芸学部 機械システム工学科 入学
  • 1999年3月 京都工芸繊維大学 工芸学部 機械システム工学科 卒業、学士(工学)
  • 2000年4月 京都工芸繊維大学 繊維学部 応用生物学科 3年次編入学
  • 2002年3月 京都工芸繊維大学 繊維学部 応用生物学科  卒業、学士(農学)
  • 2002年4月 京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科 応用生物学専攻 修士課程 入学
  • 2004年3月 京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科 応用生物学専攻 修士課程 修了、修士(農学)
  • 2004年4月 京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科 機能科学専攻 博士課程 進学
  • 2007年3月 京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科 機能科学専攻 博士課程 修了、博士(学術)
  • 卒業論文「経口毒性を持つ化学物質モノテルペン類がクロキンバエの食欲や寿命に及ぼす影響」京都工芸繊維大学(指導教官:尾崎まみこ助教授)、学士(農学)(2002年3月25日)
  • 修士論文「捕食者由来の情報化学物質に対するカエル類幼生2種の反応~生存率、行動、形態変化の比較~」京都工芸繊維大学(指導教官:山岡亮平教授)、修士(農学)(2004年3月25日)
  • 学位論文Ecological functions and chemical nature of kairomones for inducible defenses in anuran tadpoles」京都工芸繊維大学(指導教官:山岡亮平教授)、博士(学術)(2007年3月26日)

 

 

受賞歴

  • 島根大学平成28年度若手研究者表彰(2016年10月)

 

所属学会

  • 日本生態学会(2002年ー現在)
  • 日本爬虫両棲類学会(2002年ー現在)
  • 日本陸水学会(2011年ー現在)
  • 日本応用動物昆虫学会(2008年ー2015年)
  • 日本個体群生態学会(2011年ー2015年)

 

学会における活動

  • 10. 日本生態学会:企画委員会高校生ポスター部会長(2016年度)
  • 9. 日本生態学会:第63回大会高校生ポスター審査員、仙台市(2016年3月21日)
  • 8. 日本生態学会:企画委員会高校生ポスター副部会長(2015年度)
  • 7. 日本生態学会:第63回大会高校生ポスター審査員、鹿児島市(2015年3月21日)
  • 6. 日本生態学会:第63回大会ポスター審査員、鹿児島市(2015年3月19日)
  • 5. 日本生態学会:企画委員会高校生ポスター部会委員(2014年度)
  • 4. 日本生態学会:企画委員会ポスター部会委員(2013年度ー2015年度)
  • 3. 日本生態学会:第61回広島大会実行委員(2013年度)
  • 2. 日本生態学会:第60回大会ポスター審査員、静岡市(2013年3月6日)
  • 1. 日本陸水学会:第77回大会課題講演「陸水生態学の先進技術と応用可能性」共同コンビーナー(源利文・高原輝彦・石川尚人)、名古屋市(2012年9月16日)

 

研究費の獲得

  • 11. 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究C)魚類の大量死イベントの予測手法の開発:水中の環境mRNAとストレス物質を用いて(代表:高原輝彦)(2017年4月ー2020年3月)
  • 10. 環境省:環境研究総合推進費「環境DNAを用いた陸水生態系種構成と遺伝子的多様性の包括的解明手法の確立と実践」(代表:土居秀幸)(2016年4月ー2019年3月)
  • 9. 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)「環境DNAを用いた高時空間解像度の河川内生物量推定法の開発」(代表:赤松良久)(2016年4月ー2018年3月)
  • 8. 島根大学:平成28年度「萌芽研究部門」研究プロジェクト「環境DNAを用いた汽水域に棲息するニホンウナギの生態解明および利活用」(代表:高原輝彦)(2016年4月ー2018年3月)
  • 7. 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究C)「湿地の非侵襲調査を可能にする, 泥水からの環境DNA検出技術の開発と野外への適用」(代表:片野泉)(2015年4月ー2018年3月)
  • 6. 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究B)「水圏の化学情報ネットワークが被食者の適応進化と生物群集に及ぼす影響の解明」(代表:高原輝彦)(2015年4月ー2017年3月)
  • 5. クリタ水・環境科学振興財団:2014年度国内研究助成「環境DNA技術を用いた放射能汚染地域における迅速な生物モニタリング法の開発」(代表:高原輝彦)(2014年10月ー2015年9月)
  • 4. 文部科学省:科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)「環境DNAを用いた回遊性サケ科魚類の非侵襲的モニタリングとバイオマス推定」(代表:荒木仁志)(2014年4月ー2017年3月)
  • 3. 稲森財団:2014年度研究助成「福島県近郊の流域に分布する魚類の放射性セシウムの蓄積にダムが及ぼす影響」(代表:高原輝彦)(2014年4月ー2015年3月)
  • 2. 広島大学:H25年度第1回産学連携若手研究者支援プログラム「環境DNA技術を用いた生物モニタリング手法の実用化へ向けた検討」(代表:高原輝彦)(2014年1月ー12月)
  • 1. 文部科学省:科学研究費補助金(特別研究員奨励費DC1)「淡水域における三者系生物間情報化学物質の機能と構造の解明」(代表:高原輝彦)(2004年4月ー2007年3月)

 

共同研究

  • 6. 環境省:環境研究総合推進費「奄美・琉球における森林地帯の絶滅危惧種・生物多様性保全に関する研究」「(サブテーマ4)渓流の環境DNAを用いた森林伐採の影響解明とモニタリング手法の開発(サブチーム代表:岩井紀子)」(2015年度ー2017年度)
  • 5. JST戦略的創造研究推進事業:CREST「環境DNA分析に基づく魚類群集の定量モニタリングと生態系評価手法の開発」(代表:近藤倫生)(2013年度ー2018年度)
  • 4. 環境省:環境研究総合推進費4RF-1302「環境DNA技術を用いた生物分布モニタリング手法の確立」(代表:土居秀幸)(2013年度ー2015年度)
  • 3. 九州大学生体防御医学研究所:平成25年度ゲノミクス・エピゲノミクス共同研究「自然環境中のDNA/RNA情報から感染症の発生を予測する手法の開発」(代表:高原輝彦)(2013年度)
  • 2. 九州大学:P&Pゲノム・エピゲノム研究拠点形成「自然環境中のDNAおよびRNAから生物を同定する新規手法の開発とその応用」(代表:佐藤哲也)(2012年度)
  • 1. 総合地球環境学研究所:病原生物と人間の相互作用環プロジェクト 」(プロジェクトリーダー:川端善一郎)(2011年度)

 

非常勤講師歴など

  • 13. 放送大学島根学習センター、面接授業「動物の生態」、非常勤講師(2016年11月26-27日)
  • 12. 広島大学、総合科学部「生態学」、代行講師(2014年11月11日)
  • 11. 広島大学、総合科学部「多様性生態学」、代行講師(2013年10月3日, 12月12日, 2014年1月29日)
  • 10. 広島大学、理系大学院認定科目「環境科学共同セミナー」、代行講師(2013年6月7日)
  • 9. 広島大学、大学院総合科学研究科「生物多様性科学(環境科学入門)」、代行講師(2013年6月4日)
  • 8. 兵庫県立大学、環境人間学部「生態学」、非常勤講師(2013年度前期)
  • 7. 広島大学、大学院共通授業科目「サステナブル科学」、兼任講師(2012年11月1日)
  • 6. 椙山女学園大学、教育学部「ケースメソッドI -河川実習(集中講義)」、非常勤講師(2010年8月30日ー9月3日)
  • 5. 同志社大学、理工学部「環境システム学概論」、非常勤講師 (2010年6月18日)
  • 4. 椙山女学園大学、人間関係学部「ケースメソッドI -河川環境実習(集中講義)」、非常勤講師(2007年8月20日ー8月23日)
  • 3. 椙山女学園大学、人間関係学部「ケースメソッドI -河川環境実習(集中講義)」、非常勤講師(2006年8月29日ー9月1日)
  • 2. 椙山女学園大学、人間関係学部「ケースメソッドI -河川環境実習(集中講義)」、非常勤講師(2005年8月22日ー8月25日)
  • 1. 京都工芸繊維大学、繊維学部「神経行動学」、代行講師(2005年4月22日)

 

アウトリーチ活動

  • 8. しまね大交流会 2016「山陰地方における水棲動物の保全と利活用に関する研究」松江市(2016年12月11日)
  • 7. 島根大学生物資源科学部セミナー in 広島 2016「生物モニタリング調査最前線ー環境DNA研究でできること」広島市(2016年12月3日)
  • 6. 公開シンポジウム「島根大学 夢の先進研究大公開」「環境DNAを用いた汽水域に棲息するニホンウナギの生態解明および利活用」松江市(2016年10月22日)
  • 5. 一般社団法人国際環境研究協会  平成28年度環境研究総合推進費研究成果発表会 環境研究の最前線「水をすくって生き物調査-環境DNA研究で何がわかる?-」東京(2016年10月19日)
  • 4. しまね大交流会 2015「水を調べるだけで生き物調査〜環境DNAを利用した生物モニタリング法の開発〜」松江市(2015年12月12日)
  • 3. 第47回水環境フォーラム山口「湖沼や河川に浮遊・存在するDNA断片を用いた生物モニタリング手法の開発」山口県宇部市(2015年9月5日)
  • 2. サイエンス・カフェひょうご in 加古川「水を調べて生きものを調査する〜環境中のDNAを利用した生物のモニタリング法〜」加古川市(2014年3月22日)
  • 1. 「ため池の生物多様性の保全」にかかる研究成果報告会~兵庫県東・北播磨のため池に棲む生きものと人との関わり~、「水を調べるだけで魚がわかる!?」加古川市(2013年7月6日)

  

メディアでの報道

  • 12. 読売新聞「バケツ一杯で知る海の生態、環境DNAで魚の種類や数を推定」(平成28年3月17日夕刊全国版科学面)
  • 11. 読売新聞「ブルーギル、湖沼の少量水で生息判定」(平成25年3月5日朝刊33面広島地域面)
  • 10. 毎日新聞「池の水で有害魚割り出し法開発 広島大など」(平成25年2月27日朝刊26面広島地域面)
  • 9. 産経新聞「外来魚簡単に確認 広島大など、池や湖沼の水で割り出し」(平成25年2月26日朝刊24面広島地域面)
  • 8. 朝日新聞「ブルーギルの簡単調査、水中のDNA分析」(平成25年2月22日朝刊33面全国版社会面)
  • 7. 中国新聞「ブルーギル, 水1リットルで生息の有無判定, 広島大など手法開発」(平成25年2月22日朝刊27面社会面) 
  • 6. TSSテレビ新広島, スーパーニュース「水を調べればコイの生息量がわかる」(平成24年4月27日正午&夕方) 
  • 5. 毎日新聞「DNA濃度で生息量、湖水の魚:広島大など手法開発」(平成24年4月27日夕刊10面全国版、平成24年4月28日朝刊26面地方版)
  • 4. 読売新聞「魚、フンで生息量分かる、わずか2リットル中DNA濃度から推測」(平成24年4月30日朝刊23面広島地域面)
  • 3. 中国新聞「湖生息の魚, 採水で推定:広島大グループ 手法開発、DNA濃度を分析」(平成24年4月28日朝刊29面社会面)
  • 2. 日本経済新聞「湖水中のDNAから魚の生息量を探る」(平成24年4月27日夕刊16面)
  • 1. 読売新聞 「微量遺伝子増やして分析, 魚を捕獲せず「種」特定」(平成23年12月15日朝刊社会面)

 

資格免許

  • 4. 2級ビオトープ施工管理士(2013年2月22日)
  • 3. 2級ボイラー技士(2007年12月7日)
  • 2. 乙種第5類危険物取扱者(1994年4月8日)
  • 1. 乙種第4類危険物取扱者(1993年11月26日)